脱毛効果を最大限に引き出し、無理なくきれいに行うためには、脱毛前の準備が大切です。
また痛みや炎症などのトラブルを少なくするために、脱毛後の手入れも欠かせません。

カウンセリングや注意事項などでの内容をしっかりと確認し、満足できる脱毛を目指しましょう。

基本情報

注目!脱毛前の準備や脱毛後の手入れが大事な理由

更新日:

脱毛

\最近では当たり前になりつつある男性の脱毛「メンズ脱毛」/

ひげや胸毛の永久脱毛やすね毛などの量の調節などと、男性のニーズに答える脱毛のコースなども増えてきました。

今や「メンズ脱毛」は当たり前の時代になってきているのです。

特にひげの脱毛などは、日々の髭剃りの煩わしさから解放されることもあり、男性が脱毛したい部位の1位になっています。

これから脱毛をしようと考えている男性も多いと思います。

しかし脱毛は安易な気持ちで始めるとトラブルを引き起こすこともあります。

脱毛のするためのその準備、禁忌事項、アフターケアとしっかりと知識を持つことがトラブルを防ぐために必要になります。

まずは事前にしっかりと調べて行いましょう。

トラブルを防ごう!脱毛する前の禁忌事項

毛抜きやワックスなどを使う自己処理はやめましょう!

脱毛の方法は一般的にはレーザー脱毛かフラッシュ脱毛のどちらかを選択することになります。

どちらも毛のメラニン色素である黒色のみに反応する光を照射することで、毛根や毛母細胞を破壊し毛が再生出来にくくするのです。

しかし脱毛する前に毛抜きなどで毛を毛根から抜いてしまうと、レーザーやフラッシュの光を照射しても、上手く反応できずに脱毛の効果を得られません。

そして、それだけでなく毛抜きなどで自己処理していると毛包といわれる部分を傷つけている可能性があります。

その傷があるまま光を照射すると炎症を起こす原因になってしまいます。

そのようなトラブルを避けるためにも、毛を抜いてしまう自己処理は脱毛前にはしないようにしましょう。

日焼けはしてはいけません!

この「日焼け」が脱毛を施行する当日にできなくなってしまう原因の第1位です。

脱毛前に「日焼けをしてはいけない」ということを知らない人が多いのでしょうね。

日焼けをすると皮膚の表面に「メラニン色素」が生成されます。

先程も述べた通り、レーザーやフラッシュ脱毛の光はこの「メラニン色素」に反応する特徴を持っているので、日焼けしている皮膚のメラニン色素に反応してしまい、火傷してしまうことがあるのです。

少しの日焼けでも1ヶ月、はっきりとした日焼けだと3ヶ月は照射ができなくなってしまいます。

脱毛前はしっかりと日焼け止めを塗るなどのUV対策が必要になります。

脱毛前の薬や予防接種は避けましょう!

薬を服用している人は必ず、脱毛を行う医療機関やサロンに相談してください。

薬によっては皮膚が紫外線に敏感になってしまうという副作用があるものもあります。

このような副作用がある薬を服用中に脱毛することはトラブルの原因になります。

また、体調を崩しているときは皮膚のバリア機能も低下にしているので、無理な脱毛はしない方が良いでしょう。

予防接種後もワクチンが身体の中で免疫を作ろうと働いているので、脱毛などの刺激は控えたほうが良いですね。

予防接種後1週間~2週間は安静にし、脱毛した直後に予防接種を行うのも避けましょう。

飲酒や激しい運動も控えましょう!

アルコールの摂取や激しい運動は体温が上がり、血行を良くします。

脱毛する際にあまりに血行が良すぎると皮膚が炎症をおこしたり、腫れてしまうこともあります。

特に運動は血行を良くするだけではなく、汗もかいてしまいますよね。

汗が毛穴に入ると菌が繁殖してしまいます。

それを防ぐためにも、脱毛前もですが脱毛後も運動は控えてください。

「脱毛」する当日に気を付けることは?

万が一に備えてシェーバーを持って行こう!

抜いてしまうような自己処理は禁止なのですが、かといって長いままの毛をレーザーやフラッシュの光を照射しても、その力が分散されてしまい、上手く効果が出ないことがあります。

それを防ぐためにも、ひげは施行日の朝、体毛は前日の夜に剃っておくことをお勧めします。

しかし、やはり剃り残しがあったりすることも、そんなときバタバタしないためにも当日シェーバーを持参することをお勧めします。

車の運転は控えましょう!

脱毛にはやはり多少の痛みが伴います。

特にレーザー脱毛は脱毛の際の痛みを強く感じる人もいるので笑気麻酔を使用することもあります。

笑気麻酔は何も感じなくなるということではなく、強いていえばお酒に酔っぱらっているような状態になります。

麻酔を使用した後はしばらく横になっていることはできますが、安全面を考えると車の運転は控えるべきです。

脱毛の際に麻酔することを希望している人は車で行くことはやめましょう。

「脱毛」後のケアはしっかり行いましょう!

当日の入浴はできません!

脱毛後は入浴は避け、どうしても気になるときはシャワーで流す程度にしてください。

レーザー脱毛、フラッシュ脱毛後の皮膚は、照射した光の熱が残っている状態です。

そのため入浴などで体温が上がり血行が良くなりすぎると、施行した部位が赤くなったり、痒みがでたりします。

また、やはり皮膚もダメージを受け弱くなっているので、湯船に潜む雑菌などに感染しないようにするためにも入浴は控えましょう。

やはり脱毛後も日焼けは大敵

脱毛した後の皮膚はとてもデリケートになっています。

そんな皮膚に日焼けは大敵です。

わずかな紫外線でもシミになってしまうこともありますので、しっかりとUV対策をしておきましょう。

保湿ケアは充分に

脱毛後のトラブル防止として必ずしないといけないのが「保湿」です。

脱毛後の皮膚は水分が不足しています。

いつも以上にしっかりと時間をかけて化粧水、保湿クリームを塗布してください。

脱毛した医療機関やサロンで特別な保湿剤を貰ったときは、使用法をしっかりと読み正しく使ってくださいね。

トラブルが起きたらすぐに相談しよう

どんなに気をつけていても皮膚にトラブルが起こってしまうときもあります。

毛嚢炎などは男性のひげの脱毛後に発症しやすいといわれており、そのまま放っておくと症状が悪化することも。

少しでも違和感を感じれば、脱毛を施行した医療機関やサロンに相談しましょう。

速やかに最善の解決策を提示してくれますよ。

「脱毛」をする前、当日、後と気を付けるべきことを簡単に述べていきましたが、どうでしょうか?

「めんどくさそうだなぁ」

とかんじた人も多かったのでは?

しかし、毎日の髭剃りの煩わしさや、体毛が濃いという悩みから解放されるのを考えると、一時の煩わしさなど些細なものです。

その後の楽さを考えると、逆に「めんどくさがり」な人ほど脱毛はお勧めです。

1度脱毛してしまえば、あとの手入れは大変楽になります。

バタバタとひげを剃っている朝のあの時間にゆっくりとコーヒーでも飲もうではありませんか。
きっと朝に少しでも余裕があれば、1日が有意義なものに変わりますよ。

 

🔝福岡 メンズ脱毛

-基本情報

Copyright© 福岡(博多・天神)メンズ脱毛サロンおすすめ人気ランキング2018 , 2018 All Rights Reserved.