長い歴史ある施術方法のニードル脱毛は、細部まで無駄なく脱毛できます。また1本1本に直接働きかけるので、永久効果が高く、ムダ毛のストレスから解放されます。
その分多少の痛みや金額が高めといわれていますが、なんといっても効果の高さが自慢です。

基本情報

1本1本くまなく撃退、ニードル脱毛の永久力

更新日:

ニードル脱毛

\ ニードル脱毛は毛母細胞を直接攻撃する脱毛法 /

エステサロンで脱毛する場合、脱毛法は大体2通りに分かれます。

1.美容電気脱毛(ニードル)
2.フラッシュ脱毛

この2つです。クリニックなどの医療機関になると、これに「レーザー脱毛」も入りますが、脱毛サロンだと、上の2つなんですね。

今回は、この2つのうち「美容電気脱毛(ニードル)」の方を解説していきます。

美容電気脱毛とは?

美容電気脱毛(ニードル)の仕組みは、簡単にいうと「毛穴に電気針を差し込んで、電流を流し、毛母細胞を直接攻撃する」というもの。

聞くだけで効果がありそうですよね。

電気針は「プローブ」と呼ばれる、滅菌された専用の安全な針なので、当然ですが安全性も高いです。

また、毛母細胞を直接攻撃する脱毛法なので、フラッシュ脱毛よりも効果が期待できます。

どんなメリットがある?

日焼け肌でも施術ができる

美容電気脱毛(ニードル)以外の方法だと、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛がありますが、これらの施術は、日焼け肌ではできません。

理由は「皮膚のメラニン色素にも反応して、肌を痛めてしまう」からです。

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛が、どんな原理で脱毛しているのかというと、まず「毛が持っているメラニン色素と、光を反応させる」んですね。

「メラニン色素に反応する波長の光」を発して、それで「メラニン色素に、集中的に熱を与える」のです。

こうすれば「メラニン色素がある部分」だけに熱が行き、その他の部分には熱が行かないということです。

なので「皮膚を痛めず、ムダ毛だけ攻撃できる」というわけですね。

僕の周りで脱毛をした友達も、色白の友人は、フラッシュ脱毛の時に痛みをほとんど感じなかったと言っていました。

逆に少し日焼けしている友人は、一応テストで施術をしてもらったけど、「少し痛みがあったので、念のためにやめておいた」と言っていました。

という僕の友人の例のように、日焼けしていて皮膚にメラニン色素がある人は、フラッシュ脱毛とかレーザー脱毛のような「光を照射する系」の脱毛ができないのです。

一方、美容電気脱毛は違います。これは「毛穴にニードルを入れて、ムダ毛を直接攻撃する」というやり方です。

だから「メラニン色素」などは関係ないんですね。

皮膚が黒かろうが白かろうが、日焼けしていようがいまいが、問題なく施術できるということです。

(人種平等というか、肌の色が関係ない脱毛法ということですね)

白髪にも効果がある

白髪というのは、メラニン色素がない毛です。「白髪」と「髪」という文字が入っている通り、ほとんどは髪の毛が白くなるわけですが、ムダ毛・体毛が白くなることもありますよね。

例えば、僕はよく鼻毛が白くなります。

あと、ピンセット・毛抜きでヒゲを抜いていた頃は、ヒゲの白髪もよくありましたね。

多分、抜きまくっているとメラニン色素を発生させる場所も弱まって、こういうムダ毛も白髪になる、ということでしょう。

そして、ムダ毛の白髪ですが、メラニン色素を持っていないので、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛の光は反応しません。

反応するように光の波長を調節したら「皮膚」にも反応してしまいます。

つまり火傷します。

こういう理由から、レーザー脱毛・フラッシュ脱毛などの方法では、白髪となっている体毛を脱毛することはできないのですが、美容電気脱毛(ニードル)だと、それもできるのです。

さっきの「日焼け肌」の時と同様「メラニン色素が関係ない」からですね。

なので、白髪とまでは行かなくても「産毛とか、薄い毛を脱毛したい」という時には、美容電気脱毛の方がメリットがあります。

デザイン髭などが可能

オシャレなデザイン髭を作るには、言うまでもなく「細かく、部分的にヒゲを脱毛する」ことが必要になります。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛では、これはできません。

1本だけ光を当てるなんて、そんなペンライトみたいな脱毛器はないですからね。

レーザー脱毛でもフラッシュ脱毛でも、「3cm×5cm」のような、一定の範囲を一気に脱毛することしかできないのです。

もちろん、これはメリットでもあるんですけどね。

たくさんの毛、広範囲の体毛を一気に処理できるということなので、特にすね毛とか背中の毛とか、広い部分を処理したい場合には、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛の方がいいこともあります。

また、ヒゲの脱毛でも普通はレーザー脱毛やIPL脱毛(フラッシュ・光)でも大丈夫です。

一気に全部脱毛するわけですからね。

あくまで「デザイン髭」だったら、美容電気脱毛(ニードル)の方が良いということです。

1度 針で処理したところから生えてこない

美容電気脱毛(ニードル)は、「ムダ毛一本ずつ、毛母細胞を攻撃する」という、かなり丁寧(?)なやり方です。しっかりトドメを刺すようなやり方なので、ムダ毛が再生することはめったにないのです。

多少個人差があったり、施術するエステティシャンさんも人間なので、万が一ミスをしてしまったら、多少は1本とか2本、再生することもあるかも知れません。

しかし、基本的には再生しないのです。

つまり、美容電気脱毛(ニードル)はかなり「永久脱毛」というイメージに近い脱毛法なんですね。

「完全に永久」というわけではありませんが、「ほぼ永久」くらいは言っていいでしょう。

少なくとも、永久脱毛という言葉を使っちゃいけないフラッシュ脱毛よりは、「今後、ムダ毛が生えて来ない」という確率が、断然高いわけです。

美容電気脱毛(ニードル)のデメリットは?

毛穴に電気針を挿入するので、少し痛い

ニードルという名前でも何となく想像ができるでしょうが、美容電気脱毛(ニードル)は多少痛みを感じることがあります。

痛みの感じ方にはもちろん、個人差があります。

僕の友人にものすごく鈍感な、恐竜のような感受性の持ち主がいますが、彼のような人だったら、痛みはあまり感じないでしょう。

それはさておき、万が一痛みを感じたとしても、皮膚トラブルにつながることはまずないので、安心して下さい。

病院でも医療事故が起きることはありますし、遊園地のアトラクションでも事故ることはありますから、美容電気脱毛(ニードル)も絶対に皮膚トラブルがないとは言えません。

しかし、普通は大丈夫です。

確率については何ともいえませんが、とりあえず「飛行機に安心して乗るような人」「電車や車に、安心して乗れるような人」なら、すべて大丈夫だと思って下さい。あくまで僕のイメージですが、大体そのくらい、美容電気脱毛(ニードル)で火傷などの皮膚トラブルが起きる可能性は、低いと言えます。

料金が高い

美容電気脱毛(ニードル)はやっぱり、料金が高くなります。

1本ずつムダ毛を処理するわけですから、当然と言えば当然ですよね。

どのくらい高くなるかですが、これはその人の毛の量にもよります。

たとえば脇毛だったら、多い人はワキだけで10万円するということもあります。

一方、逆に最初からほとんどワキ毛がないというような人だったら、数万円で済んで「フラッシュ脱毛より安かった」なんてこともあり得ます。

特に「指のムダ毛の脱毛」なんかは、むしろ美容電気脱毛(ニードル)の方が安いし効果的、となることもあるかもです。

指だったら、どれだけ剛毛でも本数は限られていますからね。逆にレーザー脱毛やフラッシュ脱毛だと照射しにくい部分なので、効果の面でも、こういう場所だったら美容電気脱毛(ニードル)が有利かなと思います。

(指のムダ毛は、色が薄いことが多いですからね。

白髪とか産毛のような薄い毛は、光を当てる脱毛だと難しいのです)

美容電気脱毛を受けれるエステ

メンズエステティック MEN’S TBCの特徴

MEN’S TBCのスーパー脱毛(美容電気脱毛)は、10年後、20年後もずっと生えてこなくなるという、持続性の高さが特徴です。

これが小規模などこかの個人店だと「ほんまかいな」と思う人もいるでしょうが、MEN’S TBCは、もう実際に長期間営業しています。

MEN’S TBCの1号店がオープンしたのが「1999年」なので、その頃脱毛した方でも「まだ再生していない」というケースがほとんどなわけですね。

だからこそ、こうやって年数まで書いて、効果の期待を強調できるわけです。

もしこれが少し前にオープンしたとかだったら「20年」などと書くと、いわゆる誇大広告の可能性があるし、実際、どうなるか誰にもわかりませんからね。

その点でも、MEN’S TBCのように歴史が長くて、ずっとたくさんのユーザーがいる脱毛サロンは、安心できます。

料金は、美容電気脱毛ではトップレベルの安さ

もともと、美容電気脱毛(ニードル)という脱毛法自体が、フラッシュ脱毛とかよりはお金がかかります。

これはここまで書いた通りの理由で、当然のことです。

しかし、MEN’S TBCは誰もが知っている日本の最大手の脱毛サロンの一つなので、規模のメリットで値段が安くなります。

これはどんな業界でもそうですよね。

ユニクロとかもそうですが、大規模に展開すればするほど、どんどん料金を下げることができるのです。

MEN’S TBCのおすすめポイント

一番おすすめのポイントは、やはり「デザイン髭が作りやすい」ということかなと思います。

フラッシュ脱毛とかではできませんからね。

そして、MEN‘S TBC以外の脱毛サロンで美容電気脱毛(ニードル)をしようとしても、料金が高くなります。

デザイン髭をしようとした時点で、選択肢はほぼ「美容電気脱毛(ニードル)」に絞られますから、それでさらに費用が安い所…、となるとMEN’S TBCが一番なわけです。

男のエステ ダンディハウスの特徴

「男のエステ ダンディハウス」の脱毛の特徴は、「美容電気脱毛(ニードル)も、ライト脱毛も、両方できる」ということ。店舗にもよるのですが、ライト脱毛を導入している店舗なら、両方できます。(ライト脱毛というのは、フラッシュ脱毛のことです)

例えばすね毛みたいに面積が広い部位は、ライト脱毛でちゃちゃっと施術してしまった方がいいのですが、そういう部分に使い分けることができるわけですね。

ダンディハウスは、特に体験の料金が安い

ダンディハウスの脱毛は、大手ということで通常料金もかなり安いのですが、特に安いのは体験の料金です。

ヒゲ脱毛は1,000円でできるし、全身脱毛の体験も5,000円でできます。

これは美容電気脱毛(ニードル)の体験としては、かなり安いです。

僕の友人で、昔もっと小さいサロンで電気脱毛をした友人が、「俺は体験でも10,000円取られた」と言っていました。少し可哀想ですね(笑)。

ダンディハウスの脱毛の特徴

ダンディハウスの脱毛の特徴として、「美容脱毛士」の資格を持ったスタッフさんを、全国の店舗に配置している、という点があります。

実は、こういう資格を持たずに施術してる小さな脱毛サロンが、結構あるんですね。

エステサロンは医療機関ではないので、特別な資格は要らないことが多いのです。

しかし、やっぱり資格があるスタッフさんの方が断然安心ですよね。ダンディハウスはそういう部分でもおすすめです。

美容電気脱毛はどんな人におすすめ?

美容電気脱毛(ニードル)は、「すぐに綺麗な肌にしたい」という人におすすめです。

フラッシュ脱毛は「施術をした後、すぐに毛が抜ける」わけじゃないからです。しばらくしてから抜けるんです。

個人差はありますが、1週間や2週間後にスルリと抜ける…というイメージですね。

その点、美容電気脱毛(ニードル)だと、その場合で完全に抜けます。だから施術当日から綺麗な肌が手に入る…ということです。

美容電気脱毛(ニードル)の口コミ・体験談

(40代男性)

少しチクリとする程度で、特に痛くはなかった。私はデザイン髭にするために、美容電気脱毛(ニードル)を某大手サロンでやってもらいました。痛みはある程度覚悟していましたが、全然なかったですね。少しチクリとしたくらいです。むしろ、歯医者の方がよほど痛くて怖いです(笑)。

 

(30代男性)

多少高くても、コストパフォーマンスは抜群です!美容電気脱毛は高いとよく言われるけど、僕はむしろ費用対効果という点では、安いと思います。というのは、何度も通わなくていいから、その分の時間も短縮できるのです。特にお給料が高くて、時給換算した時のマイナスを小さくしたいという人は、断然美容電気脱毛(ニードル)にした方がいいと思います。施術当日から綺麗になりますしね。

美容電気脱毛(ニードル)のまとめ

以上、美容電気脱毛(ニードル)について、メリット・デメリットや口コミ・体験談など、幅広くまとめてきました。

僕なりのまとめをすると、下のような人におすすめです。

・お金がある人
・時間を節約したい人
・施術してすぐに綺麗にしたい人
・指のムダ毛とか、小さい部分を脱毛したい人
・デザイン髭にしたい人
・色黒、日焼け肌の人(フラッシュ脱毛ができない人)
・色の薄い毛が多い人(フラッシュ脱毛だと効果が出にくい)

書いてみて、かなり多くの人に当てはまるなと、あらためて思いました。

MEN‘S TBCやダンディハウスが、長く続いているわけですね。

これらに当てはまる人は、美容電気脱毛(ニードル)をチェックしてみるのがおすすめです。

 

🔝福岡 メンズ脱毛

-基本情報

Copyright© 福岡(博多・天神)メンズ脱毛サロンおすすめ人気ランキング2018 , 2018 All Rights Reserved.